接続先パソコンのタスクトレイにあるAgentアイコンに「X」マークがついている場合、RemoteViewプログラムが中止(ログアウト状態)され、遠隔接続ができかねます。
※パソコンリストのパソコンアイコンがグレー(OFF)の状態に関しましては、こちらをご参照ください。

mceclip0.png <ログイン状態> 

mceclip5.png <ログアウト状態>

Agentアイコンがログアウト状態でしたら、以下の内容をご参照し、Agentをログイン状態に設定して遠隔接続を行ってください。



1.ログインボタンをクリックする

  Agentアイコンを右クリックし、「ログイン」ボタンをクリックしてください。
  mceclip2.png


2.RemoteViewAgentアイコンを再起動する
 ① Agentアイコンを右クリックし、「終了」をクリックします。
 ② Agentアイコンが消えたことを確認し、すべてのアプリ>「RSUPPORT」>「RemoteViewのAgent を 起動」をクリックします。
③ Agentアイコンに「X」マークが消えるかどうかご確認ください。

  

3.接続先のネットワークが安定されているか
 ネットワークが不安定な場合、Agentプログラムがログアウトされる可能性があります。
 接続先のネットワーク環境が安定されているかをご確認ください。

 

4.セキュリティソフトを利用している場合
  接続先PCのセキュリティソフトがAgentプロセスの実行をブロックしている可能性があります。
  以下の内容を参照し、セキュリティソフトのホワイトリスト登録を行ってください。
  ※ 登録方法など詳しい仕様はセキュリティソフトのメーカー側にお問い合わせください。

 

5.ファイアウォール又はプロキシ環境を利用している場合
 ・ファイアウォール又はプロキシ環境を利用する場合、RemoteViewサーバーのアクセスがブロックされる場合がありますので、RemoteViewサーバ情報をホワイトリストに追加してください。

 ・プロキシサーバ情報は
WindowsのタスクトレイのAgentアイコンをクリックし [環境設定 > 一般設定 > プロキシサーバー設定] にてご確認頂けます。

mceclip2.png

 

6.Agentの設定確認
下記の項目をONにしてください。
システム起動時に自動ログイン設定
スリープ状態の解除設定

この記事は役に立ちましたか?
12人中4人がこの記事が役に立ったと言っています