遠隔制御の開始方法(遠隔操作を行う側)

遠隔制御を行うためには、以下の手順を遠隔操作を行う側(以下、手元)で行って頂く必要があります。
※在宅の際、ご自宅が「手元」側PCになります。
※遠隔制御を開始する前に、先に接続先PCにAgentインストール作業を実行してください。


1.遠隔元PCからRemoteViewサービスページに下記のアカウント情報でWebログインします。
 ① 会社ID
 ② ユーザーID
 ③ パスワード
 ※Webログインアカウントの詳細はこちらをご参照ください。
 new______1.png

2.Simple Launcherをインストールします。
 ※インストール方法はこちらを参照してください。
 ※Webビューアをご利用の場合、上記2は省略しても大丈夫です。
  但し、MACアドレス制限設定をご利用の際はSimpleLauncherインストールが必要です。

3.パソコンリスト上の接続先PCアイコンをマウス右クリックし、「RXビューア」を選択します。
 ※運用状況によって、「Webビューア」もしくは、「改善型ビューア」をご利用ください。
 ※シンプルモードと標準モードの詳細はこちらをご参照ください。
 ※Simple Launcherプログラムの実行確認ポップアップが表示されたら「許可」をクリックしてください。
 new____.png

4.Agentインストール時に設定したAgent接続IDとパスワードを入力します。
 ※Agentインストール方法の手順⑨で設定したアカウントになります。
 ※Agent接続IDとパスワードがご不明な場合、こちらをご参照し、再設定してお試しください。
 Agent______.png

5.遠隔される側PC(以下、接続先)の画面が表示されたら完了です。
 ※在宅の際、会社PCが「接続先」になります。
 ※接続先PCの画面右下にある「遠隔接続中」は非表示できませんが、マウスオーバーすることで一時的に非表示になります。
 ______.png

この記事は役に立ちましたか?
595人中226人がこの記事が役に立ったと言っています