パソコンリストの接続先パソコンのアイコンがOFF(グレー)の場合、接続先パソコンがネットワークに接続されていないか、RemoteViewプログラムが中止されている可能性があります。

接続先パソコンのアイコンがOFF(グレー)の状態でしたら、以下の内容をご参照してから遠隔接続を行ってください。



1.接続先パソコンの電源がONになっているのか
 接続先パソコンの電源がONになっていないと、RemoteViewプログラムが起動されないため、遠隔接続を行うことができません。
 接続先パソコンの電源をONにして遠隔接続を行ってください。


2.接続先パソコンの電源状態を更新する
 接続先パソコンの最新の電源状態に更新するために、以下の手順でボタンをクリックし、接続先パソコンのアイコン色が青(ON)に変わりましたら、遠隔接続が行えます。
・パソコンリストの接続先パソコンのアイコンを右クリック > 「接続確認」を選択
 mceclip0.png

※接続先パソコンを起動時にパソコンのアイコンがOFF(グレー)の場合、以下の設定にチェックがされていない可能性があります。
 以下の設定をチェックすることで、接続先パソコンが起動すると、自動的にRemoteViewプログラムが起動されます。
 ・接続先パソコンのタスクバー > Agentアイコン(緑の歯車)を右クリック > 環境設定 > 一般設定 >システム起動時に自動ログイン


3.接続先パソコンのタスクバーにある、AgentアイコンにX印がついていないか

 RemoteViewプログラムが中止されている場合、AgentアイコンにX印が付きます。
 こちらをご参照し、RemoteViewプログラムを再起動してください。
 mceclip2.png


4.接続先PCがスリープモードになっていないか
 スリープモード中のパソコンはネットワークと通信されなくなり、上記3のようにRemoteViewプログラムが中止されます。
 接続先PCがスリープモードになりましたら、上記3をご参照し、RemoteViewプログラムを再起動してください。
 ※以下の手順で「スリーブ状態の解除」にチェックすると、接続先PCがスリープモードにならないように設定することができます。
 ・接続先パソコンのタスクバー > Agentアイコン(緑の歯車)を右クリック > 環境設定 > 一般設定 > スリーブ状態の解除
mceclip2.png


5.遠隔地PCのネットワーク状態をご確認ください。
 ネットワーク制限環境を利用の場合、RemoteViewサーバーへのアクセスがブロックされて接続できない場合があります。
 RemoteView ASP サーバドメイン・IP一覧を確認し、接続先や接続元のネットワーク制限ツール(プロキシ、ファイアウォール など)のホワイトリストにRemoteViewサーバを登録してください。
 ※ RemoteViewのサーバードメインIP一覧のダウンロード先
 :rview.comにログイン > 環境設定 > ダウンロード > サーバドメイン・IP一覧

この記事は役に立ちましたか?
192人中64人がこの記事が役に立ったと言っています