macOS10.14 mojave以降の環境のAgentを遠隔制御するためには

macOS 10.14 Mojave以降の環境に移行して利用するためには以下の設定を遠隔制御する前に 行う必要があります。
※ macOS10.14 mojaveより、PCをコントロールするプロセスが自動的に実行されないようシステム権限設定が導入されています。 

 

権限設定がされていないと、以下の設定画面が表示される場合がありますが、
以下のポップで設定をしても
遠隔制御ができない場合があるため、下記の案内手順に従って設定を行ってください。

        

 

1.システム環境設定を開き、「セキュリティとプライバシー」を開きます。

 

2.「アクセシビリティ」を選択し、南京錠マークを選択して表示されるポップアップからmac OSのシステムの管理者情報を入力します。

3.「+」マークを選択します。

4.ライブラリーからApplication Support > Rsupport > RemoteView 移動し、「RcEngMgr」選択して開きます。

5.以下の通りに追加されたら作業は完了になります。

 

※ 注意 ※
正常に経路が取り込まれていない場合、以下のアイコンがアクセシビリティ上に表示されます。
正しく認識されていない状態ですので、手順1.からやり直して頂きますようお願い致します。

    

この記事は役に立ちましたか?
10人中4人がこの記事が役に立ったと言っています