RemoteViewは、プロキシやファイアウォールなどのセキュリティ対策により、

通信がブロックされてしまう事があります。その場合はブロックしているセキュリティ側に、

RemoteViewへの接続を許可してもらう必要があります。

 

許可してもらう際に必要なRemoteViewの接続先情報は、以下の方法で取得できます。

接続許可設定(ホワイトリスト登録)を行う際にご参照ください。

 

※「RemoteViewサーバドメイン・IP」記載の接続先全てを許可するよう設定してください。

※ポートはアウトバウンドポート「80/443」のみ使用します。

 

サーバードメイン・IP一覧のダウンロード場所

RemoteViewサイトにログイン>【環境設定】 > ダウンロード > サーバドメイン・IP一覧

mceclip3.png

 

この記事は役に立ちましたか?
20人中9人がこの記事が役に立ったと言っています