遠隔画面ロック方式の設定方法

遠隔画面ロックの方式は以下の3つがあります。
① Monitor Off方式
② Monitor Driver方式
Black Layer方式

OS環境によって使用可能な遠隔画面ロックの方式が異なります。

以下の手順をご参照し、利用可能な画面ロック方式を設定してください。
※OS環境によっては本機能が正常にご利用いただけない場合がございます。
※接続先PCで直接、設定してください。


【動画ガイド】

 

1.遠隔画面ロック設定
 接続先PCの「タスクトレイ > Agentアイコンmceclip0.pngを右クリック > 環境設定 > セキュリティ設定 > 遠隔画面ロック設定」をクリックします。
※遠隔制御中に変更する事はできません。


 
2.利用可能な遠隔画面ロックの方式を確認します。
 ※デフォルト設定は「Monitor Driver」方式です。

 ____1.PNG


< 各種画面ロック方式とOS >
360012122693‗画面ロック.png

※¹ Monitor OFF方式をご利用の際、ディスプレイポートの利用は動作保証外です。HDMIケーブルをご利用ください。
※² モニターの明るさ調整はご利用いただけません。
※画面ロックがご利用頂けない場合はこちらをご参照ください。


3.遠隔画面ロック方式のテストを行います。
 各方式の下部にある「テスト実行」ボタンをクリックし、利用可否をご確認ください。
 ※「テスト実行」ボタンをクリックすると、約10秒間画面が黒く表示されます。
利用できない場合は特に画面上の変化はございません。

 2.jpg 
4.利用可否を決めてください。
 10秒間、接続先PCの画面が黒く表示されましたら「成功」。反応がない場合は「失敗」ボタンをクリックしてください。
 2-2.jpg
5.利用したい方式を適用してください。
 「利用可能」な方式をチェックして、「適用」ボタンをクリックしてください。
 3-2.jpg

この記事は役に立ちましたか?
386人中253人がこの記事が役に立ったと言っています