遠隔画面ロック方式の設定と選択

 

遠隔画面ロック機能のロック方式は3つがあり、
ご利用のPCとの相性によって使用可能なロック方式も異なります。

ロック方式の確認や変更のために、以下の手順をご参照ください。
※画面ロック機能タイプ選択と設定は操作受けるPC(遠隔地PC)で行ってください。


1.「遠隔画面ロックタイプ設定」ボタンをクリックします。

タスクトレイ>Agentアイコン(緑色の丸形アイコン)を右クリック>環境設定>セキュリティ設定>「遠隔画面ロックタイプ設定」

※「遠隔画面ロックタイプ設定」ボタンは遠隔制御中に選択できませんので、
 遠隔制御を終了して設定変更を行ってください。

kankyosettei.jpg

 

2.画面ロック方式を選択し設定します。

上記の「遠隔画面ロックタイプ設定」ボタンをクリックすると、以下のポップアップが表示されます。

1.jpg

① 画面ロック方式を選択します。

PCのソフトウェア・ハードウェア環境を自動でチェックし、利用可能な画面ロックを表示します。
[Monitor Off] [Monitor Driver] [Black Layer]の中から、
「テスト実行」と表示されているものを選ぶことができます。

3つの方式に関する詳細内容は以下になります。

・ Monitor Off
- ロック方法 : モニターの電源を制御します。
- 対応OS : Windows Vista、Windows7、8、8.1、10および、同等のサーバ製品
 (ノートパソコンは適用されません)

・ Monitor Driver
- ロック方法 : モニターの信号を遮断します。
- 対応OS : ほとんどのWindows OSおよび、同等のサーバ製品

・ Black Layer
- ロック方法 : モニター画面にソフトウェア(Black layer)を被せる方式です。 
※遠隔地PCで複数モニターをご利用時は、メイン画面のみ適用されます。
※マウスカーソルは非表示にする事はできません。
- 対応OS : Windows XP sp3+、Windows Vista、Windows7および、同等のサーバ製品
                 Windows8、Windows8.1、Windows10、macOS10.11~10.15



② 画面ロックのテストを実行する。

画面ロックのタイプを選択したら、「テスト実行」ボタンをクリックします。

2.jpg 

ドライバーが自動でインストールされ、画面ロックのテストがスタートします。
画面がオフになり、10秒後元に戻ると成功です。

 2-2.jpg

テストが完了したら、「成功」ボタンをクリックします。
画面の変化がない場合は「失敗」ボタンをクリックし、他の画面ロック方式をお試しください。

 

③ 画面ロック方式を設定する

3-2.jpg
利用可能と表示される方式を選択し、「適用」ボタンをクリックします。


画面ロック機能の方式設定は以上で完了です。

この記事は役に立ちましたか?
120人中68人がこの記事が役に立ったと言っています