RemoteViewは管理者オプション設定で、利用時間を制限することができます。
・接続可能時間を設定して設定時間外の遠隔接続は制限されます。
・遠隔接続を行っている間は終了時間を超えても自動的に遠隔接続を切ることはできません。
・この機能はユーザーのみ適用されます。(マネージャー、管理者は対象外)
・この機能はEnterpriseユーザーのみ利用できます。(Standardユーザーは対象外)


【設定方法】

1. ユーザーの接続可能時間を設定する方法
環境設定 > 共通・セキュリティ設定 > セキュリティ設定 > 接続可能時間を「全体使用」または、「ユーザー設定」で設定します。
mceclip9.png
・全体使用:一括で全ユーザーを対象に設定します。
・ユーザー設定:デフォルトは全ユーザー「使用」ですがユーザー毎に除外設定ができます。

 【除外設定方法】
 ユーザー管理タブ > ユーザーアイコンを右クリック > 登録情報 > 接続可能時間を「使用しない」に設定します。
mceclip10.png

2. Agentグループ毎に接続可能時間を設定する方法
 ①環境設定 > 共通・セキュリティ設定 > セキュリティ設定 > Agentグループの接続可能時間設定を「全体使用」に設定します。
 mceclip2.png

 ②パソコンリスト > Agentグループを右クリックし「Agentグループの接続可能時間設定」を選択します。
 mceclip6.png

 ③利用可能な時間を設定します。
 mceclip7.png

この記事は役に立ちましたか?
6人中3人がこの記事が役に立ったと言っています