リモートビデオ・オーディオ機能の設定方法

■ リモートビデオ・オーディオ機能とは?
接続元PC(以下、ViewerPC)のカメラ/マイクデバイスを接続先PCに、
接続先PC(以下、AgentPC)のスピーカーを接続元PCに共有することで、
AgentPCのWeb会議システムで会議を行える機能です。
 Web__.png

■ 注意事項
・「改善型ビューア」「RXビューア」のみご利用いただけます。
・AgentPCとViewerPC両方がWindowsの場合のみご利用いただけます。
(OS環境:AgentはWindows 10 (x64) 以降、ViewerはWindowsPC全般)


■ 事前設定
・改善型ビューアの場合

① 「改善型ビューア」でAgentに遠隔接続を行います。
 ____.png

② AgentPCにリモートビデオ・オーディオドライバをインストールします。
 AgentPCのタスクバーからRemoteViewアイコンをクリックします。
 遠隔画面の上部メニューから「R: > リモートビデオ・オーディオドライバのインストール」を選択してインストールを行ってください。
 「リモートビデオ・オーディオドライバのインストールが完了しました。」とのメッセージが表示されましたら、インストール完了です。
 _____.png

③ 遠隔画面のメニューで「Web会議デバイスの設定」を行います。
 遠隔画面の左上のメニューから「R: > Web会議デバイスの設定」を選択します。
 ビデオ・オーディオ設定をONにし、Viewerのデバイスを設定して「保存」ボタンをクリックします。
 ____.png

④ リモートビデオ・オーディオ機能を有効にします。
 上部メニューの「ツール > Web会議を準備する」を選択してください。
 「Web会議の準備が完了しました。」とメッセージが表示されましたら、完了です。
 _____.png

⑤ AgentPCのサウンド設定を変更します。
 AgentのWindows設定から「システム > サウンド > 出力・入力」設定を以下のように変更してください。
 ・出力:RSupport Virtual Speaker
 ・入力:RSupport Virtual Microphone
 Windows__.png


・RXビューアの場合
① 「RXビューア」でAgentに遠隔接続を行います。
 ____2.png
 
② 遠隔画面の上部メニュー「R: > 環境設定」をクリックしてください。
 RX_______.png

③ 「メディアデバイス」から利用するカメラ/マイク/スピーカーを設定し、「適用」ボタンを押下します。
 Web___RX4.png

④ 上記③のポップアップから「ドライバ」タブを開き、以下の仮想ドライバを3つインストールします。
 ・仮想スピーカードライバ
 ・仮想マイクドライバ
 ・仮想カメラドライバ
 ※サウンド共有機能を利用した場合、仮想スピーカードライバがインストール済みの場合があります。
 Web___RX5.png

⑤ 各仮想ドライバの「インストール」が「アンインストール」に切り替わりましたら、インストール完了です。
 「適用」ボタンを押下し、ポップアップを閉じてください。

⑥ Web会議を行う際は、遠隔画面の「ツール > Web会議の準備」を押下してください。
 Web___RX.png

⑦ 「メディアデバイスを準備中/設定中」から「完了」のポップアップ通知が表示されたら、完了です。
 RX_______________Web__.png


■ Web会議ツールでの利用方法
AgentPCでWeb会議ツールを起動し、以下のカメラ(ビデオ)、マイク、スピーカーのデバイスに指定されているか確認します。
 ・カメラ(ビデオ):Rsupport Virtual Camera
 ・マイク:RSupport Virtual Microphone
 ・スピーカー:RSupport Virtual Speaker

 例)
 ・Microsoft Teamsの場合 ⇒ 会議に参加する前のデバイス設定画面で、デバイス設定ボタン(以下画像の①)をクリックし、デバイス設定画面(以下画像の②)でデバイスを指定してください。
  teams.png

 ・Zoomの場合 ⇒ 会議室に参加し、オーディオやビデオの設定ボタン(以下画像の①)をクリックし、デバイス設定画面(以下画像の②、③)でデバイスを指定してください。
 zoom.png

 ・RemoteMeetingの場合 ⇒ RemoteMeetingログインページの右側にある歯車アイコン(以下画像の①)をクリックし、デバイス設定画面(以下画像の②)でデバイスを指定してください。
 ※会議参加後も会議室の右上にある歯車アイコンをクリックして、デバイスを指定できます。
 RM.png 



■ トラブルシューティング
・「このWindowsのバージョンには対応しておりません。」のエラーメッセージが表示される。
 ⇒ AgentPCのOS環境がWindows 10 (x64) 未満である可能性があります。
  ご利用中のOSバージョンをご確認ください。
・「Web会議の準備が完了していないか、デバイスエラーです。Web会議デバイスの設定が必要です。」のエラーメッセージが表示される。
 ⇒ デバイス設定やリモートビデオ・オーディオ機能を有効にせず、Web会議を行った可能性があります。
   上記の手順をご参照し、デバイスの設定を行ってください。

この記事は役に立ちましたか?
78人中51人がこの記事が役に立ったと言っています