遠隔地PCのモニター電源がOFFの状態でも遠隔接続や操作に問題ないですか。

基本的に遠隔地PCのモニター電源がOFFの状態でも遠隔接続や操作に問題はございません。

 但し、遠隔地モニターのケーブルがDisplayPort to DisplayPortの場合、以下の問題が発生する可能性がございます。
 ・操作する側PCに遠隔画面が正常に表示されない
 ・遠隔操作反応及び遠隔画面の更新が遅い
 ・マウス操作、キーボード操作が正常に動作しない

原因はシステムのGPUリソース処理の問題で、RemoteViewでは正常にコントロールできない領域になってしまうからです。

改善のため下記をお試しください。
 ・標準ビューアの場合、制御モードを「高速モード」に変更する。
 ・モニターのDDC/CI機能を無効化(disable)する。
  (設定方法はモニター毎に異なります。メーカーに確認してください。)
 ・モニタードライバーを最新バージョンアップデートする。
 ・モニターケーブルをDisplayPort to HDMIに交換する。

上記の方法でも改善されないが、遠隔制御時にセキュリティのためモニターの電源をOFFにする必要がある場合、「遠隔画面ロック」機能がありますのでをご利用ください。
・「遠隔画面ロック」機能の紹介ページ:https://content.rview.com/ja/product/new-features/
・「遠隔画面ロック」機能の使い方:https://help.rview.com/hc/ja/articles/360039159854

 

keyword : キーボード,入力

この記事は役に立ちましたか?
7人中5人がこの記事が役に立ったと言っています