遠隔接続が頻繁に切断される事象の原因は様々ですが、

主にAgent PC(遠隔制御される側)やViewer PC(遠隔制御する側)のネットワーク、セキュリティポリシーなどが原因で発生する場合が多いです。

下記の項目をご確認ください。

 

■ RemoteViewサーバーとの接続の確認

① Agentのトレイメニューの「ログ表示」をクリックしAgentのログを確認します。

  mceclip1.png mceclip2.png

※セッション・サーバーとの接続が頻繁に切断されたログがある、

認証サーバーとのログイン失敗関連ログがある場合、内部ネットワーク環境の点検が必要です。

 

② ファイアウォール、プロキシサーバーをご利用の場合、RemoteView ASPサーバーリストをホワイトリストに登録しているかどうかをご確認ください。


■ セキュリティソフトの確認

Agent PCやViewer PCにインストールされているセキュリティソフトによりRemoteViewサービスがブロックされる場合があります。一時的にリアルタイム監視機能を止めて再度ご確認ください。

 

■ クリップボード使用オプション設定の確認

Excelプログラムでコピー&ペースト操作を行ったとき接続が切断された場合、

RemoteViewサイトの [環境設定] > [共通・セキュリティ設定] > [クリップボード自動同期化] オプションを [使用しない] に変更後、再度ご確認ください。

 

■ ビューアのセキュリティオプションの確認

RemoteViewサイトの環境設定内容をご確認ください。

・ Enterpriseをご利用の場合

 - [共通・セキュリティ設定] > [遠隔地セキュリティ] > [遠隔制御中のビューア非使用時処理] を [使用しない] に設定します。

 - [共通・セキュリティ設定] > [セキュリティ設定] > [遠隔制御の終了時間設定] を [使用しない] に設定します。

・ Standardをご利用の場合

 - [個人オプション設定] > [遠隔地セキュリティ] > [遠隔制御中のビューア非使用時処理] を [使用しない] に設定します。

 

■ ネットワーク状況に合わせてオプションを変更

標準ビューアで遠隔制御中に、同一ネットワークの利用者が増えたりネットワークが遅い場合、データ(パケット)量を減らすことで改善される場合があります。

mceclip3.pngmceclip2.png

・ ネットワークモード
一般モードの方が高速モードよりデータ量が少ないです。高速モードをご利用中の方は、一般モードに切り替えてご利用ください。

・ 制御モード

高速モードの方がグラフィックモードよりデータ量が少ないです。グラフィックモードをご利用中の方は、高速モードに切り替えてご利用ください。

・ 画面色

256 colorの方がTrue colorよりデータ量が少ないです。True colorをご利用中の方は、256 colorに切り替えてご利用ください。

(データ量は [True color > High color > 256 color > 4 color] 順です。)

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています