Agentアイコンに×が付いていて(ログアウト状態)制御できません。

タスクトレイのAgentアイコンに x マークがついている場合は、ログオフ状態mceclip5.pngで遠隔接続が出来ない状態です。

以下をご確認し、x マークが消えてログイン状態mceclip0.pngになるかかご確認ください。

 

■ Agentがログアウト状態になっている

Agentアイコンを右クリックし、「ログイン」をクリックしログインしてください。

 mceclip2.png

 

■ セキュリティソフトを利用している場合

接続先PCのセキュリティソフトがAgentプロセスの実行をブロックしている可能性があります。

以下の内容を参照にセキュリティソフトのホワイトリスト登録をしてみてください。

 セキュリティソフトのホワイトリスト登録について

 ※登録方法など詳しい仕様はセキュリティソフトのメーカー側にお問い合わせください。

  

■ ファイアウォール又はプロキシ環境を利用している場合

・ファイアウォール又はプロキシ環境を利用する場合、RemoteViewサービスがブロックされることがありますのでRemoteView ASP サーバ情報をホワイトリストに追加してください。

 

・Agent側のプロキシサーバ情報が正しく設定されているかをご確認ください。

 - 確認方法:Windowsのタスクトレイのアイコンより、RemoteViewのAgentアイコンをクリックし

 [環境設定] > [一般設定] > [プロキシサーバー設定] の[プロキシサーバー情報]を確認します。

mceclip2.png

 

■ Agentの設定を変更した場合

・[システム起動時に自動ログイン] 設定のチェックを外した場合

システム再起動によりAgentがログアウト状態になる場合がございますのでチェックを入れてください。

  mceclip3.png

  

・[スリープ状態の解除] 設定のチェックを外した場合

一定時間、操作をしないことでPCがスリープ状態に入りAgentがログアウト状態になる場合がございますのでチェックを入れてください。

  mceclip4.png

  

上記の方法で改善されない場合

Agentを再インストールし、事象が改善されるかご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています