Agentプログラムのインストール方法(遠隔操作を受ける側)

 


① RemoteViewページ(rview.com)にログインします。

② 「PC追加」アイコンをクリックします。
※予めAgentプログラムをダウンロードしてインストールする場合、プログラムを実行して下記③にお進みください。
 mceclip0.png mceclip4.png

 (左:標準モード、右:シンプルモード)


【トラブルシューティング】

■ 「すでに他のバージョン、または他のユーザーのRemoteView Agentがインストールされています。」のメッセージが表示される
 ⇒PC登録した既存の情報が残っている場合に表示されます。先に既存の情報をアンインストールする必要があるため、 こちらの「3.Windows設定からAgentプログラムをアンインストールする方法」の②番よりAgent削除を行ってください。
■ 「パソコンを追加するためには、ライセンスが必要です。」のメッセージが表示される
 ⇒ライセンス数は操作受ける側PCの台数になります。 現在使用可能なライセンス数を全て使用中の場合、不要のPCを削除するかライセンス数を増やしてから再度インストールをお試しください。
 ・ライセンス数の確認は [環境設定] > [ライセンス詳細] でご確認ください。
Agentの削除方法に関しましては、こちらをご参照ください。
■「エージェントをインストールするためには必ず管理者(admin)権限が必要です」のメッセージが表示される
 ⇒WindowsPCにログインの際、一般ユーザ権限でログインしてRemoteViewプログラムをインストールしようとした場合に表示されます。RemoteViewプログラムをインストールするためには、WindowsPCの管理者権限が必要になりますので、一般ユーザーアカウントではなく管理者権限のアカウントでWindowsPCにログイン後、再度インストールをお試しください。



 ③ 「インストールのご案内」ポップアップが表示されましたら、「次へ」をクリックします。
 mceclip1.png


④ 利用約款を確認後、「同意する」をクリックします。
 mceclip2.png


⑤ パソコンリストに表示するPC名を設定し、次へをクリックします。
 ※ 変更の必要がなければ、そのまま進んで下さい。
 mceclip3.png


⑥ プロキシサーバーを確認後、「次へ」をクリックします。
 ※ ご不明な場合は、「自動検出」を選択してください。
 mceclip5.png


⑦ ユーザーパスワードを入力します。(RemoteViewページログイン時のパスワードを入力してください。)
 ※ドコモリモートデスクトップのユーザーは表示されません。
 mceclip6.png

⑧ 遠隔接続する際に使用する、接続情報(接続ID/PW)を設定します。
 mceclip7.png

⑨ Agentがインストールされるまで、しばらくお待ちください。
 mceclip8.png

⑩ Agentインストールが終わりましたら「完了」をクリックします。
 mceclip9.png
 ※「遠隔画面ロック」機能に関しましては、こちらをご参照ください。


⑪ Agentが正常にインストールされると以下のようにアイコンが表示されます。
左)RemoteViewページのパソコンリストに対象PCのアイコンが追加される。
右)遠隔地PCのデスクトップのタスクトレイ内にAgentアイコンが追加される。

 mceclip10.png     mceclip11.png

※ Agentインストール後、デスクトップに「RemoteView Agent」アイコンmceclip0.pngが生成されます。
 こちらのアイコンはAgentを再度起動するためのアイコンで、遠隔接続を行うためのアイコンではありません。
※ RemoteViewサービスをご利用いただくには、外部ネットワークに接続する必要があります。
 対象PCのアイコンが灰色になったり、AgentアイコンにX印がつきましたら、遠隔地PCが外部ネットワークに正常に接続しているのかをご確認ください。
※ オフライン方式で予めダウンロードしたAgentプログラムをインストールした場合、遠隔接続を行うためには「有効化」を行う必要があります。
 上記⑪のタスクトレイのAgentアイコンを右クリックし、「有効化」ボタンをクリックしてAgent ID/PWを設定してください。

この記事は役に立ちましたか?
242人中169人がこの記事が役に立ったと言っています