macOS10.14 mojave以降の環境のAgentを遠隔制御するためには

macOS 10.14 Mojave以降の環境に移行して利用するためには以下の設定を遠隔制御する前に

 行う必要があります。


- Apple社ではセキュリティの脆弱性を回避するためにPCをコントロールするプロセスが自動的に実行されないようにシステムに権限設定をmacOS10.14 mojaveより導入しています。 

 

* 権限設定がされていないと、以下の設定画面が表示されたりしますが、以下のポップで設定をしても遠隔制御ができない場合があるため、下記の案内手順に従って設定を行ってください。

        

 

 1.システム環境設定をひらき、「セキュリティとプライバシー」を開きます。

 

2.「アクセシビリティ」を選択し、南京錠マークを選択して表示されるポップアップからmacOSのシステムの管理者情報を入力します。

3.「+」マークを選択します。

4.ライブラリーからApplication Support > Rsupport > RemoteView 移動し、「RcEngMgr」選択して開きます。

5.以下の様に追加されたら作業は完了になります。

 

※正常に経路が取り込まれていない場合以下のアイコンがアクセシビリティ上に表示されますので以下のアイコンが表示される場合最初から設定を行ってください。

 

   

 

この記事は役に立ちましたか?
4人中2人がこの記事が役に立ったと言っています