macOSユーザー向けのビューア切り替えのご案内(日程延期)

平素より弊社RemoteViewサービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。

下記の時期につきまして、RemoteView macOSユーザー向けのビューア切り替えを予定しております。

詳細は下記内容のご確認をお願い致します。

____________________

(2023.12.04 追記)
macOSユーザー向けの既存ビューア廃止(※₁)と新ビューア(※₂)への切り替えについて
品質向上の理由により切り替え時期を下記の通り延期されましたことをお知らせいたします。

■ 実施日と実施内容
・macOSユーザー向けの既存ビューア(標準ビューア)廃止
⇒変更前:2024年 1回目のアップデート(2月以降を予定)
⇒変更後:2024年 下半期(6月以降を予定)

・macOSユーザー向けの新ビューア(RXビューア)実装
⇒変更前:2023年12月以降
⇒変更後:2023年 1回目のアップデート(2月以降を予定)

※₁ 標準ビューア
※₂ RXビューア
※アップデート実施日や詳細仕様につきましては、改めてお知らせいたします。
※UI/UXや一部機能はWindowsユーザー向けのRXビューアとほぼ同じ仕様になる予定です。

____________________

____________________

(2023.09.19 追記)
macOSユーザー向けの既存ビューア廃止(※₁)と新ビューア(※₂)への切り替えについて
実施日が下記のとおり変更されましたことをお知らせいたします。

■実施日と実施内容
・macOSユーザー向けの既存ビューア(※₁)廃止:2024年 1回目のアップデート(2月以降を予定)
・macOSユーザー向けの新ビューア(※₂)実装:2023年12月以降

※₁ 標準ビューア
※₂ RXビューア
※アップデート実施日や詳細仕様につきましては、改めてお知らせいたします。
※UI/UXや一部機能はWindowsユーザー向けのRXビューアとほぼ同じ仕様になる予定です。

____________________

==============================

■ 実施日
2023年 8月以降
※アップデート実施日が決まり次第、改めてお知らせいたします。

■ 実施内容
macOSユーザー向けの既存ビューア(※₁)の廃止と共に新ビューア(※₂)の切り替えを行います。
(※₁)標準ビューア
(※₂)RXビューア

※UI/UXや一部機能はWindowsユーザー向けのRXビューアとほぼ同じ仕様になる予定です。
※詳細仕様につきましては、改めてお知らせいたします。

■ 背景
・既存ビューアでは一部macOS環境(Appleシリコン製)でJDKの互換性により使用できないため
・JDKを利用する従来の標準ビューアを廃止し、JDKインストール無しで遠隔接続できる
 macOSユーザー向けのRXビューアを適用することでサービスの安定性と品質向上を図るため

==============================

今後ともRemoteViewサービスをご愛顧くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

________
掲載日:2023.02.15
更新日:2023.12.04

この記事は役に立ちましたか?
4人中2人がこの記事が役に立ったと言っています