接続先PCのモニターが認識されず、遠隔接続ができない

接続先PC(遠隔地)のモニターが認識されていない場合、遠隔制御ができない場合があります。

以下の手順で接続先PCに仮想モニタードライバーをインストールし、
遠隔制御を行えるかどうかをご確認ください。
※この仮想モニタープログラムは、マルチモニター表示するためのプログラムではありません。
※初期解像度は「1024x768」です。その他の解像度に設定したい場合は、遠隔接続後に変更してください。


1.接続先PCにて以下のボタンをクリックし、ファイルをダウンロードします。
【ダウンロードはこちら】
※接続先PCで設定を行うためにモニター接続が必要です。

2.ダウンロードした「RSVMonitor.zip」ファイルを解凍します。
 _____________1.png
3.解凍したファイルを開き、「install.bat」ファイルを右クリックし、「管理者として実行」をクリックして実行します。

 _____________2.png
※以下のようにMicrosoft Defender SmartScreenが表示される場合、「詳細情報 > 実行」をクリックしてください。
 _____________4.png
4.「CMD.exe」プログラム(黒い画面)が実行され、仮想モニタードライバーが自動的にインストールされます。
 「実行するには何かキーを押してください...」のメッセージが表示されましたら、任意のキーを押してから、黒い画面を閉じてください。
 _____________3.png
5.解凍して生成されたBin フォルダーを開き、RSVMonitorUtil.exeを実行します。
 表示された画面からOnを選択すると、仮想モニターがパソコン上で認識されます。

この記事は役に立ちましたか?
21人中2人がこの記事が役に立ったと言っています