遠隔操作中に「rcengmgruex.exe」、または「rcengmgru.exe」のエラーメッセージが表示される場合

遠隔操作中、一時的なプログラムのクラッシュが発生された場合に
以下のエラーメッセージが発生される場合があります。
・改善型ビューア利用時:rcengmgruex.exe
・標準ビューア利用時:rcengmgru.exe

rcengmgruex.exe________.png

遠隔接続を行う際、毎回上記のエラーメッセージが表示されましたら、
以下の方法をお試しください。
・接続元PC(操作する側)で「C:\Users\Public\Documents\Rsupport」と「C:\Users\Public\Documents\Rsupport\RVSimpleLauncher」フォルダを削除して、もう一度遠隔接続を行う。
・接続先PC(操作受ける側)のAgentプログラムを再インストールして、もう一度遠隔接続を行う。

上記の方法で改善されない場合、詳細確認のために以下の内容をご確認の上、
お問い合わせフォームよりご連絡ください。
・全ての接続元PCで発生されるのか
・事象発生直前に行った動作(例:コピー&ペースト、ファイル送受信 など)
・エラーメッセージの発生日時
・エラーメッセージの「保存」ボタンを押下して取得したログファイル
・接続先PCで取得したRsDoctorログ(※取得方法:https://help.rview.com/hc/ja/articles/360007964574)
・別のビューア方式で改善されるのか(※3つのビューア方式:標準ビューア、改善型ビューア、Webビューア)

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています